プログラミング奮闘記(仮)

知ったことややったことを好き勝手書く日記のような何か。プログラミングのことが多めなので、タイトルはそれっぽく。

QrioLockについて書いてみる

QrioLockのレビューというか、感想を書いてみたいと思います。12月に引っ越しをし、これを機にスマートロックにしてやるぜ!と思い、QrioLockを購入したのですが、人気のためか、ようやく先週入手できました。

知らない人のために、スマートロックについてザックリ説明すると、あなたのスマートフォンが鍵になる、以上。仕組みはシンプルで、スマホから命令が来るとレバー(通常の鍵レバーの上を覆ってる部分)が動くだけです。とてもシンプルですけど、最初にこういったアイデアを出す人には本当に感服します。

f:id:aeega56z:20210302232042j:plain

鍵くらい小さいんで持てばいいじゃないかという声もあると思うんですが、最近は電子マネーも普及しているので、誰かと割り勘する必要があるときとラーメンを食べたいとき以外は基本現金を持たずにスマホだけで生活しています。なので鍵もスマホで一元管理出来たら楽だなと思い購入に至ったわけです

んで結論ですけど、購入に後悔はしていないものの、現段階では微妙でした。近づくと勝手に鍵が開く手ぶら開錠という機能があるのですが、判定があまりうまくいかず家に着いても開かず(開いておらず)、玄関でしばらく待たされるんですよね。また、通常のアプリやウィジェットから鍵を利用するにしても、Bluetoothがつながるまでしばらくかかるので、こちらについても鍵取りだしたほうがよほど早いです。AppleWatchをもっているのでそちらでも操作をしてみましたが同様です。スマホを取り出す手間が省けるくらいでBluetoothの感度がスマホ以下で余計遅くなります。(これはAppleWatch3だからかもしれない。)

私は購入していないのですが、WiFiモジュールなんてものもあって、これを利用したら遠隔でも操作可能になるようなので、もっとスムーズになるのかな?少なくとも玄関前でのもたつきからは解放されそうですが。

唯一良かったのは、自動施錠機能です。時間も3秒から1時間と設定の幅も長く使い勝手は抜群でした。私はちょっとした忘れ物であればなんとか間に合う時間に設定してます。ドアが開いているときでも時間になったら構わずカギ閉められちゃうんで、タイミングによっては凸部分がぶつかる切ない音が聞こえてきます。

NFCタグで開錠する機能もあるようなので、いずれ挑戦してみようと思います。